新人職員研修(OJT)

「OJT」とは?・・・

OJT (On the Job Training) とは、「部下・後輩の能力全般の育成のために、具体的な仕事を通じて、上司・先輩が体系的に指導する活動」のことです。聖ヨゼフホームではこのOJTに力を入れており、新人の方が実際の職務経験を通じて学べる体制を整えています。わからないことや不安なことは、ぜひ先輩や仲間に相談してください。

入職前は、インターンやボランティアに参加できる他、オリエンテーションが3日間予定されています。
主な内容:

  • 法人の成り立ち、理念説明や入職にあたっての心構えのお話
  • 事業計画書や就業規則等の説明
  • 児童養護施設の仕組みや予算などの学習
  • 入職前の各種書類、入職後の書類入力方法の学習
  • 電話応対や名刺交換の学習
  • 児童相談所、施設での専門職の働き、自立支援計画書の作成等に関する学習
  • OJTマニュアル「ヨゼフのお仕事」の内容説明
  • OJTペアリングの初顔合わせの日です。この日、ペアから「OJTノート&振り返りチェックシート」が渡されます。

    OJTペアで、マニュアル「ヨゼフのお仕事」を読み合わせし、入職後1週間以内に目標設定をします。OJTノートの活用の仕方を、ペアで相談し、共有します。

    ※上記の工程は、入職日当日に行うこともあります

    入職後1ヶ月はペアリングの職員と同じ勤務時間を過ごし、ともに学び合います。
    入職後3ヶ月間は、1ヶ月ごとにチェックシートを活用して振り返りを行います。
    また、その間、OJTノートなども活用し、管理職も確認をします。

    6ヶ月経った際にも、振り返りを行います。これまでに園内研修などにも参加し、しっかりと新任教育を受けることが出来ます。

    1年の振り返りを行います。

    入職後1年が経過する3月には、OJTペアリングの解消式を行います。今までの積み重ねを土台にし、更に大きくステップアップをしてもらえるようエールを送ります。

    職員の声

    入職したばかりの職員の声をご紹介します!

    楽しんだり、悩んだりしながら、子どもと一緒に成長できるお仕事です!
    楽しいことも苦しいことも、常にそばで見守っている職員だから味わえること、経験できることがたくさんあります。
    子どもと一緒に成長でき、やりがいを感じられるお仕事です!!
    女児棟担当 S・I
    新任職員は一年間OJTペアリングを組み、スキル向上や育成を図ります。
    子ども達を支えるために、様々な専門職と連携し、支援を行っていきます。
    明るく笑顔が多い職員さんがいっぱいです。
    幼児担当 K・K
    私が自信をもってお勧めできる良いところ・・・・
    • OJT
    • マニュアル冊子『ヨゼフのお仕事』
    • 働きやすい(勤務条件等)
    • 給食室の心地よさ
    • 行事がとても多い
    • 地域との関わりを大切にしている
    • 全職員が子どもたち一人ひとりとしっかり向き合っている
    • 子どもたちが元気いっぱい
    • 理事長・施設長も元気いっぱい
    とても楽しい聖ヨゼフホームです!!
    幼児棟担当 M・M
    一人ひとり、特性のある子どもたちとの生活は、対応に苦慮することや、なかなか関係が築けず葛藤する場面が多くあります。
    しかし、そんな毎日を…1ヶ月後、半年後、1年後…と振り返った時に、何気ない日々の中で子どもたちも自分も成長したんだなと感じる時があります。
    子ども達と一緒に過ごした時間は、私にとって一生大切な経験であり、思い出になるんだろうなと思っています。
    幼児棟担当 K・A