聖ヨゼフホームについて

聖ヨゼフホームの基本理念

  • カトリックの愛の精神をすべての基本とする。
  • 一人ひとりの子どもたちをかけがえのない尊い存在として認識する。
  • 子どもの人権を守り、創造性を尊び、独立した人間としての無限の可能性を信じる。

聖ヨゼフホームの養護方針

  • 職員は協力して児童それぞれの個性に応じた社会的自立の支援に努めます。

施設長挨拶

当施設のホームページをご覧頂き、心より感謝致します。

当施設は、真の目指すべき児童福祉を実現するために、社会福祉法人クリスト・ロア会の理念を基本として、職員が笑顔を絶やさず、一丸となって支援をしている施設です。

しかし、まだまだ足りない面も多々あると思いますので、関係者、地域の皆さまのご支援ご指導を心よりお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

聖ヨゼフホーム施設長 鹿毛 弘通

事業内容

施設概要

設立
1946年(昭和21年)8月
運営主体
社会福祉法人 クリスト・ロア会
施設長
鹿毛 弘通
事業
児童福祉法による児童養護施設
西東京市子育て支援ショートステイ事業
所在地
〒202-0015 東京都西東京市保谷町4-12-7 [アクセス]
連絡先
TEL: 042-464-2211
FAX: 042-468-5823
Email: st-josephchrist-roi.info
児童定員
本体55名(グループホームわかばの家6名を含む)
地域小規模児童養護施設12名(たいようの家6名、いずみの家6名)
計 67 名
施設長
1
会計事務
2
個別対応/家庭支援/自立支援/GH支援員/特別指導員
6
保育士指導員
42
(うち幼児加算3)
心理職
(治療指導員含む)
3
看護師
1
栄養士
2
調理員等
7
ショート
5
嘱託医
(精神科医含む)
4
計 74 名
平成29年度現在
敷地面積
3,564m2
本園 主要建物
(鉄筋コンクリート2階建て、延床面積)
つばさ棟 301.57m2
大地棟 205.64m2
あおば棟 98.23m2
大空棟 327.40m2
希望棟 301.57m2
のぞみ棟 159.53m2
ひかり棟 159.53m2
管理棟 455.00m2
こかげ棟 249.88m2
分園

(児童定員・間取)
いずみの家 6名・8LDK
わかばの家 6名・7LDK
たいようの家 6名・7LDK

聖ヨゼフホームでは、平成20年度より「専門機能強化型児童養護施設事業」に取り組んでいます。
この事業では、非常勤児童精神科医師と、治療指導員、個別対応職員、看護師が協力して悩みを抱えている子どもへの専門的な対応をしています。非常勤児童精神科医師が月3回施設に来園し、職員や子どもは相談できるようになっています。

治療指導員(心理担当の職員)は、「子どもの森」と呼ばれる1対1の時間を子どもと過ごすなかで、子どもの心理的な課題に取り組んでいます。また、生活のなかでのアドバイスや職員向けの研修、入所会議やケースカンファレンスでのスーパーバイズも行い、職員の資質向上、施設機能の向上にも尽力しています。

心理療法

心理的な支援は、未来に向けたフォーカスづけと表裏一体であるべきものです。発達段階にある子どもたちの「よりよき成長」と「無限の可能性がある未来に向け」、子どもたちの過去の体験にも思いを馳せ、しっかりと受容し、それらを解消しながらも「今とこれからを生きる」子どもたちの一人一人に合った心理的サポートを目指しています。

自立訓練の充実

聖ヨゼフホームでは施設にいる間に自立生活に必要な知識を身につけさせ、今後の生活に必要な心構えの準備をさせることを目的として、自立訓練棟「こかげ」を利用して1週間から2週間の自立に向けた生活の練習を、高校3年生を中心に行なっています。

図書室は、毎週月曜日の15時から17時まで開いています。15時のオープンを待ちかねたように本を入れる手提げ袋を手に飛び込んでくる子ども達。真剣な目で眺め、選び、借りていく姿をみて、子ども達の選択肢の確かさ、探究心の豊かさ、きっぱりした決断力にいつも驚きと喜びを感じています。

民間の援助団体、個人様等からの本の寄贈があり、現在こかげ図書には3000冊以上の本があります。就寝前の「読み聞かせ」に各棟力を入れており、子どもも大人もほっとした時間になっています。心豊かな人としての成長を陰で支える存在でありたいと願っています。

聖ヨゼフホームでは、平成19年度より西東京市の委託を受けて「西東京市子育て支援ショートステイ事業」に取り組んでいます。
これは、西東京市に在住の方で、保護者が病気、出産、介護などでお子さんの養育に困った時に、西東京市役所の窓口を通して聖ヨゼフホームにてお子さんをお預かりする事業です。

  • ご利用は有料
  • 西東京市に在住の方に限ります
  • 定員は1日につき3人
  • 日帰りもしくは宿泊利用、原則7日間まで
  • 対象年齢は2歳から12歳(小学6年生)まで

もっと詳しく

「西東京市子育て支援ショートステイ事業」の利用申請やご質問などは、聖ヨゼフホームではなく、以下の西東京市の担当窓口にお問い合わせください。

西東京市子ども家庭支援センターのどか
〒202-0005 東京都西東京市住吉町6-15-6 住吉会館1階 [地図]
TEL: 042-425-3303
FAX: 042-422-5375
Email: kosodatecity.nishitokyo.lg.jp
Website: http://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/sosiki/
kosodateshien/kosodate.html

沿革・歴史

1946年8月
カトリック・クリスト・ロア宣教修道女会が、 戦災孤児を救済するため、埼玉県下に聖ヨゼフホームを設立
1948年1月
児童福祉法に基づく養護施設となる
1949年12月
東京都保谷市に移転、定員115名に増員
1952年10月
社会福祉法人に組織変更、社会福祉法人 クリスト・ロア会 となる
1959年5月
園舎改築
1991年9月
現在地に園舎全面改築、定員60名の小舎制となる
2001年4月
グループホーム いずみの家 開設
2005年4月
自立訓練棟 こかげ 開設
2005年9月
地域小規模児童養護施設 たいようの家 開設
2007年4月
グループホーム わかばの家 開設
2007年5月
西東京市ショートステイ事業開始
2008年4月
大地棟増改築、あおば棟開設
2008年4月
専門機能強化型児童養護施設として認可
2011年 
のぞみ棟ひかり棟 開設
2012年4月
新園舎運用開始、 1ユニット定員が6~7名となる
2014年8月
グループホーム わかばの家 移転開設
2015年4月
地域小規模児童養護施設 いずみの家 を開設。 地域小規模児童養護施設 たいようの家 が移転開設。 定員変更、現行の計67名となる
2016年9月
創立70周年帰園式典開催
2017年 
本園園舎4棟及び管理棟の大規模改修工事
西東京市ショートステイ受託事業受入定員3名に変更
山中湖林間寮を運営開始